PROFILE


 

星野 彰利 Akitoshi Hoshino 

 

 Herba Vitalis 代表

 JAMHA ハーバルセラピスト

 JAMHA メディカルハーブコーディネーター

 日本園芸協会 ハーブコーディネーター

 日本園芸協会 ガーデンコーディネーター

 

 京都府長岡京市生まれ。

 高校、大学と農業を学び、卒業後、ニュージーランドへ留学。語学研修後、ファームステイや先住民族との交流を通じて、人々の自然とのかかわり方に影響を受ける。

 帰国後、学生時代から続けていた陸上競技の指導者となり、母校の中学校の専属コーチとして、全国大会への出場や日本一の選手を育てていく。


ー2010年

 陸上競技の指導にひと区切りをつけ、幼い頃から思い描いていた「自然に寄り添い生きること」を目指して、以前からハーブを栽培していた経験から、その力強さに魅力を感じていたこともあり、ハーブに関する資格を取得。


ー2012年

 ハーブの総合支援事業『HerbaVitalis ~生命の草~』を開業。

 主に、自然の恵みを万人が得やすい方法としてオリジナルハーブティーをブレンド、販売している。

 古代から人が変わらず続けてきた自然の営みに沿って、ハーブの栽培や利用、その歴史の研究などにも熱意を注ぐ。


ー2014年

 2011年3月の東日本大震災と原発事故の被災地でもある福島県の住民の方々への支援を目的としたプロジェクト『ハーブティーを届けようプロジェクト』を始動。

 記念すべき第1回プロジェクトでは『福島と京都を歩いてつなぐチャレンジ』として、京都府長岡京市から主に中山道を通り、滋賀・岐阜・長野・群馬・栃木を経由して福島県郡山市までの約650kmを、23日間かけて自らの足で歩き、ストレス対策ハーブティー『カモミール・ブレンド』を届けた。

 このプロジェクトは以後、毎年の継続が決まっている。